日本授業UD学会は、本来、授業で追究していた「わかる・できる」授業づくりを再考するとともに、特別支援教育の考え方を生かすことで、クラス全員の子どもたちが、楽しく「わかる・できる」授業をつくることを目指す学会です。
日本初の教科教育と特別支援教育コラボレーション研究です。
あなたも、私たちと一緒に授業のユニバーサルデザインについて、考えてみませんか。

本学会では、次のことを運営していきます。
○公開授業を参観しながら学び合う「全国大会」の開催(年に1回)
○カリキュラムに基づいて授業力を積み上げていく「授業UDカレッジ」の開催(年に2回:予定)
○授業UDに関する知見を蓄積していく「学会誌『授業UD研究』」の発刊

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|

milk_btn_next.png